世田谷区 千歳烏山 『梅澤太陽税理士事務所』│お客様の声Q&A
spacer

梅澤税理士事務所

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山6-3-15 iKビル 5階
京王線千歳烏山駅北口より徒歩2分
TEL:03-5314-9673
FAX:03-5314-9674
mail:info@office-taiyo.com
受付時間 平日9:00〜18:00
なお、ご予約により時間外・土日祝日も面談対応致します。

お客様の声 Q&A

お客様の声

Q&A

お客様の声

株式会社学洋会 代表取締役 小村 洋 様

http://tama-yobi.com/

株式会社学洋会 代表取締役 小村 洋 様「先生、予備校を始めたんですか?駅の看板で見ましたよ。」 梅澤君がそう言って電話をくれたのは、梅澤君が私の授業を受けてから、 16年ぶりのことでした。 実は、私の予備校には、税務も含めて経理をきちんと担当してくれる職員がおらず、 頭を痛めていたところでした。「渡りに舟」とはまさにこのこと。 このあと、当校は、梅澤君のおかげで株式会社化でき、経理もすっきりと 処理できるようになりました。 おかげで、生徒数も112名(2012年9月末現在)に達し、過去最高の生徒数 になりました。
梅澤君、本当にありがとう!

Hair salon limoa 代表  森山 章弘 様

http://limoa.jp/

Hair salon limoa 代表 森山 章弘 様独立出店にあたり梅澤さんには本当にお世話になっています。 経営に関して全く素人な僕には出店に際してお金の事が一番不安でした。 実際借入れのアドバイスから始まり毎月の図や比較表などを用いた 解り易い月次報告書類の提示や明確な損益分岐点売上の説明など 全く素人の僕でも理解できるように説明していただいています。 完全にお任せして頼ってしまうのではなく、経営者としての考え方や知識も 教えていただけるのも強みだと思います。 更に数年先の財務のお話まで、具体例を交えてアドバイスいただける事は、 これから経営を続けていくにあたって本当に勇気づけられています。

Q&A

Q:税務顧問について、他の税理士さんとの違いを教えてください。

A:次の3つです。

1.経営に必要な財務指標のコーチング
2.図、グラフ、比較表など解り易い資料での月次報告
3.お客様のご希望に合わせたオーダーメイド型の報酬体系

Q:税務顧問について、節税についての提案もして頂けますか。

A:脱税のご提案はできませんが、節税のご提案はしっかりさせて頂きます。

Q:税務顧問について、訪問頻度はどのくらいですか?

A:原則、月に1度はお伺いして月次のご報告をさせて頂いております。

Q:個人事業主と会社設立のどちらで起業しようか迷っています。

A:個人事業主、会社設立、それぞれメリットだけでなく、デメリットもございます。お客様の状況に応じてアドバイスをさせて頂きます。初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

Q:報酬の概算を知りたいです。

A:オーダーメイド型の料金体系ですので、お客様のご予算、必要とするサービスにより
ご報酬額は異なりますが、下記事項を記載して頂きメールにてお問合せ頂ければ、概算額をご回答させて頂きます。

【1】社名、ご連絡先
【2】会社の業種、年商、従業員数
【3】ご相談内容、必要なサービス
【4】その他税理士への希望など

Q:相談内容が外部に漏れることはないのでしょうか?

A:税理士には法律による守秘義務が課せられていますし、モラルとしてもお客様の情報を第三者にお話しするようなことはありません。どのような内容でも、お気軽にご相談ください。

Q:契約までの流れを教えて下さい。

A:お問合せ・ご相談 → ご訪問 → ご相談内容や業務内容を伺います →お見積り書 → ご契約 → ご契約に基づいたサービスの開始

Q:今、他の会計事務所に頼んでいるのですが、年度の途中で変更することは可能ですか?

A:途中までの月次資料をいただければ対応できるケースもございます。ご依頼いただければ可能な範囲で対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

Q:遠方なのですが、サービスを受けることはできますか?

A:もちろん可能です。ただし、報酬とは別に、往復の旅費を頂戴しております。遠方のお客様でも、普段は電話・メールでのやりとりをさせていただくことで、サービスのご提供させて頂きます。

Q:顧問税理士がいます。コンサルティング業務だけお願いできますか?

A:もちろんです。今の税理士さんとの税務顧問契約はそのままで、財務コンサルティングだけをご依頼頂けます。

Q:経理フローを構築するとどんなメリットがありますか?

A:正確な数値を迅速に月次ベースで把握することができるようになります。変化が激しい現在の経済環境においては、迅速で正確な数値は、経営判断を行う際に不可欠です。